信用金庫のカードローンの申し込みの流れ

信用金庫のカードローンを申し込みしたい場合には、申し込みの流れについて把握しておく必要があります。信用金庫のカードローンの申し込みをする場合には、必要な情報をインターネットで入力して送信をすると、受付が完了したという連絡がメールで送られてきます。その後審査が行われて、電話で審査結果が連絡されます。信用金庫のカードローンを契約する場合には、手続きを来店によって行うことが必要になります。そのため、書類を利用するお店で作って、契約を正式に行います。カードがその後送られて来るため、ATMを使って利用することができるようになります。このように申し込みをインターネットで行う場合は、信用金庫が営業している地域の中に住んでいる場合や勤めている場合に限られます。また、契約の時に持って行く資料の内容と、インターネットで申し込みした内容がマッチしない場合は、契約が審査に受かった場合でもできないこともあるため、申し込みする際に入力する場合は注意することが必要です。

申込みはWEBから出来る信用金庫がほとんどです

信用金庫のカードローンを利用する場合には、インターネットで申し込みするのがおすすめです。申し込みはインターネットのみでなく、申し込みはモバイルからでもできます。そのため、外出している場合に、スマホなどを利用して申し込みすることもできるため、非常に便利です。また、信用金庫のカードローンのメリットとしては、使い道としては事業性の資金でなければ自由であり、最短の場合には審査の結果が即日に分かるというような審査が速いということがあります。申し込みをインターネットで行うことによって、金利の引下げができます。信用金庫のカードローンの一例としては、10万円〜300万円の借入限度額で、9.8%〜14.5%の金利で利用できるものがあります。一般的には、借り入れをこのような金利で行うことができますが、申し込みをインターネットで行うことによって0.3%金利が引下げになります。申し込みをインターネットで行う場合には、一般的には非常に便利ですが、これに金利がさらに引き下げられるというようなメリットがあるため、非常に魅力があると言えるでしょう。

返済プランもライフスタイルに合わせられます

貸越元金を返す方法としては、随時返すことができるようになっています。都合のいい時に返すことができ、毎月返す必要はありません。しかしながら、利息については、貸越元金に3月、9月の利息決算日の次の日に加算されるため、計画的に返済は行うことが必要です。

利用できるかどうかは事前に調べましょう

信用金庫のカードローンを利用することができる条件としては、20歳から65歳までで、信用金庫が営業している地域の中に住んでいる人、勤務している事業所がある人、保証会社の保証を受けることができる人になっています。しかしながら、このような条件を満足した場合でも、収入が年金だけの人の場合は利用することができません。また、信用金庫のカードローンは、取引が信用金庫で無い人、アルバイト・パートでも利用することができます。なお、信用金庫によって、カードローンを利用することができる条件は違っているため、利用する信用金庫に事前に確認する必要があります。

所得証明書類が不要なケースも増えてきました

カードローンを契約する場合には、特に大型のカードローンで500万円まで利用することができるような場合には、所得証明書が300万円をオーバーする場合に必要になることがほとんどです。しかしながら、信用金庫のカードローンによっては、所得証明書類が借入限度額に関係無く不要のものもあります。源泉徴収票などが所得証明書類としては該当します。この所得証明書類を用意するためには、場合によっては時間が掛かることもあるので、このような書類が必要なければ、スムーズに手続きを進めることができるようになります。